Skip to main content

チャレンジ

重複ケースタイプ検索の追加

シナリオ

InsCorpでは、各リクエストにおいて1つのサポートリクエストのみが処理されるようにしたいと考えています。 サポートリクエストを送信する顧客は、正確な場所が判断できないことがあります。 顧客が同じ車両についての、しかし場所が少々異なる複数のリクエストを送信すると、アプリケーションは新しいケースを重複ケースとして識別します。

以下の表は、チャレンジに必要なログイン情報をまとめたものです。

ロール ユーザー名 Password
アプリケーションデベロッパー author@gogoroad pega123!
補足: 練習環境では、複数のチャレンジの完了をサポートする場合があります。 その結果、チャレンジのウォークスルーに表示される設定は、お客様の環境と完全に一致しない場合があります。

チャレンジ ウォークスルー

このチャレンジを完了するには、Pegaインスタンスを起動する必要があります。

起動には5分ほどかかることがありますので、しばらくお待ちください。

詳細なタスク

1 Search duplicate casesオートメーションの追加

補足: このチャレンジの目的上、データリレーションシッププロパティで重複ケース検索をサポートするため、該当するプロパティを提示しています。
  1. App Studioのナビゲーションペインで、「Case types」 > 「Assistance Request」をクリックして、「Assistance Request」ケースタイプを開きます。
  2. 「Createステージにカーソルを合わせて、縦三点アイコンをクリックし、ステージ設定メニューを開きます。 
    More icon if you hover over the Create stage
  3. 設定メニューで「Add process」>「New process」をクリックして新規プロセスを追加します。
  4. 新規プロセスのラベルフィールドで、「Resolve duplicate cases」と入力します。 
  5. 「Step」> 「More」>「Automations」>「Search duplicate cases」をクリックし、次に「Select」をクリックして、Search duplicate casesオートメーションをプロセスに追加します。 
  6. Create (2)という名前の「Collect Information」ステップの右側で、削除アイコンをクリックすると、ステップがプロセスから削除されます。
  7. Create requestの下にある「Resolve duplicate cases」プロセスをドラッグすると、作成(Create)ステージが以下の画像のようになります。  
    resolve-duplicates

2 基本条件の定義

  1. Search duplicate casesステップをクリックして、右側の「Step」プロパティペインを開きます。
  2. ステップのプロパティパネルで、「Add basic condition」をクリックし、基本条件を設定するダイアログボックスを開きます。
  3. Potential duplicateリストのVehicle information - Data relationship セクションで、「Make」を選択します。
  4. Comparatorリストにis sameのデフォルト値があることを確認する必要があります。
  5. 右側で、追加アイコンをクリックして列を追加します。 
    when-make-condition
  6. 手順3~5を繰り返して、次の画像のように基本条件を設定します。
    basic-condition
  7. 「OK」をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

3 荷重条件の定義

  1. Search duplicate casesステップの「Step」プロパティパネルにある「And weighted conditions sum at least」フィールドに、「50」と入力します。
  2. 「Add weighted condition」をクリックしてダイアログボックスを開き、荷重条件を設定します。
  3. 「Weight (0-100)」フィールドに、「25」の値を入力します。
  4. Potential duplicateリストのService address - Data relationshipセクションで、「City」を選択します。
  5. Comparatorリストにis equal toのデフォルト値があることを確認する必要があります。
  6. 「Current case」フィールドの右側にある「Select values」をクリックしてSelect values ダイアログボックスを表示します。
  7. 「Type」リストで、「Another field」を選択してドロップダウンリストを表示します。
  8. ドロップダウンリストのService address - Data relationship セクションで、「City」を選択します。
  9. 「Submit」をクリックして現在のケースで「.ServiceAddress.City」を選択し、荷重条件のダイアログボックスに戻ります。
  10. ダイアログボックスで「OK」をクリックして、最初の荷重条件の設定を終了します。
  11. 手順2~10を繰り返して、次の画像のようにさらに2つの荷重条件を追加します。
    Weighted conditions for the Search duplicate cases automation
  12. 「Save」をクリックして、Assistance Requestケースタイプへの変更を適用します。

作業の確認

  1. Assistance Requestケースタイプで、「Save and run」をクリックして、Assistance Requestケースタイプの新しいインスタンスを実行します。
  2. 「Identify location」ステップでは、「City」「State」「Street」の各フィールドに一致する可能性のある条件を入力します。
  3. 「Identify vehicle」ステップでは、「Make」「Model」「Model year」「Color」の各フィールドに一致する条件を入力します。
  4. ケースを「Enter payment information」ステップに進めます。
  5. 別のAssistence Requestケースインスタンスを作成します。
  6. 「Identify location」ステップでは、手順2の「City」「State」の値を入力しますが、「Street」フィールドには別の値を入力します。
  7. 「Identify vehicle」ステップでは、手順3の「Make」「Model」「Model year」「Color」に同じ値を入力します。
  8. 「Create」をクリックすると、「Display duplicate cases」ビューが表示されます。
    ヒント: ビューに、現在のケースがフォームにリストされているケースの重複である可能性があることが示されます。
    display-duplicate-cases
  9. 「Why is this shown here」をクリックすると、「Duplicate case analysis」ウィンドウが表示されます。
    補足: 「Aggregated Score」が50となり、しきい値を満たしています。
    duplicate-case-details


下記のミッションにも含まれています。

トレーニングを受講中に何か問題がありましたら、こちらをご覧ください: Pega Academy サポートのよくある質問 (FAQ).

このコンテンツは役に立ちましたか?

改善できるところはありますか?

We'd prefer it if you saw us at our best.

Pega Academy has detected you are using a browser which may prevent you from experiencing the site as intended. To improve your experience, please update your browser.

Close Deprecation Notice